フライヤーデザイン作成の5つのポイント

フライヤーデザインを行う時には、その商品に興味を持ってくれるようなデザインを考えなければなりません。完成度が高いフライヤーは受け取った側の反応も違ってきます。そのために、デザイン性の優れたものを作成することが重要です。そして、それを作るにはいくつかのポイントがあります。

フライヤーは読みやすくデザインする

まず、一つ目のポイントは文字を読みやすいデザインにすることです。やみくもにカラフルな文字を使ったり、フォントを変えたりするのは控えた方がいいです。伝えたいことは簡潔に、強調したいことだけをシンプルに目立たせるようにすると読みやすくなります。

フライヤーにキャッチコピーを添える

また、二つ目のポイントはインパクトのあるキャッチコピーを作ることです。フライヤーを見た時に、瞬時にその内容が理解できる見出しを作ることが大切です。ただ単に、文章が書いてあるものだと面倒になって受け取った人は読んでくれません。そのためにも、読み手にインパクトのあるものが必要なのです。

掲載文面を推敲する

さらに、三つ目はしっかりとした文章を書くことです。読みにくい文章を読むとかえってストレスを感じてしまいます。起承転結を意識した上で作成をすれば、フライヤーを受け取った人がその内容をスムーズに頭の中に入れることができます。

背景デザインにメリハリをつける

そして、四つ目のポイントは背景のメリハリをつけることです。ただ真っ白の所に文字が書いてあるだけだと何の印象にも残りません。ですから、そのフライヤーの伝えたいことによって背景の色を変えると個性的なものが出来上がります。例えば、背景を薄い黄色にしたり、オレンジなどをアクセントに使ってみると、他のフライヤーと差別化が出来るため印象に残りやすいものが出来ます。

 

フライヤーデザイナー

安心できる作成/印刷会社に依頼する

また、5つ目のポイントは印刷会社に依頼することだと言えます。これは自分たちで作成するよりも、経験や実績のある印刷会社に依頼した方が魅力的なフライヤーのデザインが出来る可能性が高いです。長年作成に携わっているためノウハウを持ち合わせているので、こちらの要望にあったものを作ることができます。